業務委託契約書とは?記載すべき事項や注意点について解説!

カテゴリ:契約書

業務委託契約書とは?記載すべき事項や注意点について解説!

契約書にも様々な種類があるため、事業を運営していく上で契約書についての知識を深めておくことは大切です。

本記事では、契約書の中でも業務委託契約書に焦点を当てて詳しく説明します。

 

そもそも業務委託契約書とは?

業務委託契約書は、業務を発注する側が、受注者となる企業や個人に業務の実施を委託するという約束を結ぶ契約書です。この形態で契約を結んだ場合、発注者と受注者は対等な関係となり、受注者は自己の責任と裁量で業務を進めていきます。

この点が、労働契約や労働者派遣契約のような、使用者と労働者という関係からなる業務形態と異なるところです。もし業務委託契約を結んだのに両者の関係性が対等でないという場合は法律に抵触してしまうため、注意が必要です。

 

業務委託契約書に記載する内容とは?

業務の委託者と受託者が結ぶ契約内容を抜かりなく契約書に反映させるためには、業務委託契約書にどんな事項を記載するべきなのか知っておく必要があります。

それでは、業務委託契約書に記載する内容をご説明しましょう。

 

契約の目的や業務内容

まずは、どのような目的で契約を結ぶのかということや、受注者に委託する業務内容などを明確に記載しておく必要があります。

業務の内容や範囲、発注者へ納品する成果物が明らかになっていなければ、受注者の裁量で仕事を進められてしまうかもしれません。そうなると、期待した業務を遂行してもらえなかったという結果になる危険性もあります。

 

 業務の遂行方法と契約期間

業務の発注者としては、受注者にはできるだけ早く成果を出してほしいと考えるでしょう。具体的にどのような方法で業務を遂行するか、いつまでに業務を完了するかという期間を設けておくと、スケジュールに沿って業務を進められるようになります。

また、発注者が業務状況を把握できる契約内容にしておくと、適宜業務の方向性を指示できるので、より正確な業務遂行を期待できるでしょう。

 

業務委託料や支払い時期

業務を受注者に委託する場合は、業務委託料や支払い時期についても明確にしておく必要があります。

業務委託契約では、委託料の支払いに関するトラブルが多い傾向が見られます。受注者がどのような条件を達成した場合に、発注者はいつまでにいくら支払うのかということを具体的に記載しておきましょう。

 

テンプレートや雛型で記載事項を確認する

ここまで説明したように、業務委託契約書に記載しなければならない事項は複数ありますが、具体的な文章や項目が思い浮かばないという人もいるかもしれません。

そのような場合は、一般的な契約内容が記載されているテンプレートや雛型を有効活用しましょう。契約書作成業務の手間を少なくし、スムーズに業務委託契約を結ぶことができます。

 

業務委託契約書を作る時の注意点

業務委託契約書は、発注者と受注者が同意した証拠であり、お互いが気持ちよく仕事を進めるためのものですが、作成する際には以下の3つの点に注意する必要があります。

 

1.一方的に不利になる条件になっていないか

2.業種ごとに必要な内容が記載されているか

3.トラブル発生時の対応方法が記載されているか

 

契約に同意する前に、これらの注意点を意識して契約書に目を通すことで、契約を締結した後に発生しかねないトラブルを事前に防ぐことができます。

それでは、3つの注意するべき点を具体的に見ていきましょう。

 

一方的に不利になる条件になっていないか

特にフリーランスになりたての人や業務委託の経験が浅い人に多いのですが、契約内容が一方的に自分に不利な条件になっていないかを確認しておくことが大切です。

報酬を支払う発注者と報酬を受け取る受注者という関係から、発注者が受注者に対して無理難題を押し付けるケースも多く見られます。本来対等な関係であるにも関わらず、実態としては発注者側が有利になってしまう可能性もあるのです。

 

業種ごとに必要な内容が記載されているか

テンプレートや雛型を使って業務委託契約書を作成しても問題ありませんが、業種ごとに必要な内容が記載されているかを確認しましょう。

例えばコンサルティング業であれば、コンサルタント内容によって料金体系が違ってきますし、ソフトウェア開発業務であれば契約書とは別に仕様書や要件定義書を用意することもあります。

業務の性質上必要な契約内容を理解しておけば、思わぬトラブルを避けることができるでしょう。

 

トラブル発生時の対応方法が記載されているか

契約を結んだ後になってからトラブルが発生するという場合も考えられます。そのため、契約書にトラブル発生時の対応方法が記載されているかを確認しておくことも大切です。

トラブルの責任を負う人は誰なのか、責任を負う期間、損害賠償や裁判についても具体的に取り決めておくと、スムーズな問題解決ができるようになります。

 

業務委託契約書は収入印紙が不要な電子契約書がおすすめ

業務委託する場合に作成する契約書について、記載するべき内容や注意点を説明しました。未然にトラブルを防いでスムーズに業務を進めていくためには、適切に契約書を作成する必要があります。

電子契約書なら、業種ごとに必要な契約内容の記載されたテンプレートが利用できるため、作成作業を効率化できるというメリットがあります。また、契約書が電子化されると収入印紙も不要になるため、コストを抑えて契約書を作成できるようにもなります。

ここで紹介した内容を参考にして、あなたの事業に適した契約を結べるようにしましょう。

 

カテゴリー

  • 電子契約書

  • 契約書

  • 契約

  • 収入印紙

  • ニュース

  • クラウド

  • PAGE TOP

    「契約書」関連記事一覧