派遣契約は電子化できる!法的根拠やメリット・注意点を説明します

カテゴリ:契約

派遣契約は電子化できる!法的根拠やメリット・注意点を説明します

書面での契約手続きを進めることが多い派遣契約。派遣契約であっても手続きを電子化した上で契約を結ぶことができるのです。しかし、電子化する上で法的根拠や注意点を理解しておかなければ、思わぬトラブルを起こしてしまう可能性があります。

そこで本記事では、派遣契約における電子化について、法的根拠やメリット、注意点などを詳しく説明します。

 

派遣契約でも電子化は可能

直接雇用をしている会社では、徐々にペーパーレス化することによって手続きを簡素化してきています。しかし、派遣契約の多くは書面で契約内容を提示した上で同意を得ており、手続きに手間がかかってしまうことに悩んでいる人も多いのです。

 

とはいえ、法的な根拠やメリットを理解した上で契約内容を電子化すれば、より効率的に契約手続きを進めることができるようになり、スムーズな事業運営が可能になります。

ここからは、派遣契約が電子化できる法的根拠や、電子化することによるメリットについて詳しく説明します。

 

労働条件通知書の電子化は法律で認められている

もともと労働条件通知書は、書面で提示することが義務づけられていました。しかし、2019年4月に施行された労働基準法施行規則によって、この書類を電子化することが認められたのです。これによって、面倒な書面による手続きを簡略化させることが可能となり、多くの事業においてスムーズな契約手続きが実現できるようになりました。

 

電子メールでも派遣契約の通知が可能

契約手続きを電子化するということは、電子契約書を作成するためのソフトを導入する必要があるのではないかと考えるかもしれません。しかし、労働基準法施行規則では、電子メールや FAX、SNSのメッセンジャー機能で送信した内容であっても、契約手続きを進めることができるとされています。

よって、派遣労働者の連絡手段に合わせた手続きを選択できるようになり、よりスムーズな事業運営が可能になったのです。

 

契約更新業務が容易になる

契約手続きを電子化することで、契約更新業務も容易になります。派遣契約の場合、たくさんの派遣労働者と短期間で契約更新するケースもあり、それら全てを紙媒体で行っていては、本来の業務に割ける時間が少なくなってしまうのです。

 

また、派遣労働者にとっても、わざわざ労働契約書に印鑑を押すためだけに派遣元の会社に足を運ばなければならないこともあります。契約更新手続きが電子化すれば、場所を選ばずに契約期間を延長することができるため、派遣元と派遣労働者双方にメリットがあるのです。

 

ペーパーレス化やコスト削減が見込める

契約手続きを電子化すると、手続きに必要な書類が削減できるため、ペーパーレス化やコスト削減が見込めるようになります。契約量が多くなるほど、用紙にかかる費用や郵送代、インク代といったコストが増えてしまうため、事業を運営する費用が高くなってしまうのです。

 

電子化によってコスト削減が実現できれば、会社の利益を上げることにつながり、より健全な事業運営が期待できるでしょう。

 

派遣契約を電子化する際の注意点

派遣契約を電子化することのメリットが大きいですが、注意点を理解しておかなければ、思わぬトラブルが発生してしまう可能性があります。

トラブルを最小限に抑えてスムーズな事業運営を実現させるためには、リスクを回避して電子化していく必要があるのです。

ここからは、派遣契約を電子化する際の注意点について、詳しく説明します。

 

企業間の派遣契約では電子化が認められない可能性も

企業同士の派遣契約においては、電子化が認められない可能性があります。派遣元と派遣労働者の間では、契約手続きの電子化が認められていますが、派遣元と派遣先で派遣契約を結ぶ場合、書面で約束を結ぶことが義務付けられたままになっており、電子化については触れられていないのです。

企業間の派遣契約を電子化したことでトラブルになったという事例はありませんが、今後起こりうるトラブルを避けるためにも、頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

派遣契約の電子化に同意を得る必要がある

派遣契約を電子化する場合、派遣労働者の同意を得た上で電子化する必要があります。電子化するためには、派遣労働者のメールアドレスなどを入手する必要がありますし、契約内容をどうしても書面で受け取りたいと希望した人には、電子化を強制することはできないのです。

 

適切な送信方法を選択しなければならない

派遣契約を電子化する場合、適切な送信方法を選ばなければ、そもそも契約が成立しない危険性があります。送信相手に間違いはないか、送信した内容が確実に契約相手に伝わっているかを確認しておくことで、情報伝達でのトラブルを避けることにつながるのです。

 

電子化の注意点を理解して正しく派遣契約を結ぼう

本記事では、派遣契約を電子化できる法的根拠やメリット、電磁的な方法で契約手続きを進める際の注意点について説明しました。

ここで説明した内容を参考にして、適切な契約方法を選択できるようになり、よりスムーズな事業運営ができるようになってくださいね。

カテゴリー

  • 電子契約書

  • 契約書

  • 契約

  • 収入印紙

  • ニュース

  • クラウド

  • PAGE TOP

    「契約」関連記事一覧